囲碁の上達法・勉強法等を公開!

かずたんの囲碁が強くなりたい

手筋 棋書

「攻防の手筋」~戦いの花形である手筋を学ぼう!

投稿日:2017年4月29日 更新日:

基本手筋が満載

こんにちは!!
今回紹介するのは、日本棋院【出版】、酒井猛【著】
「攻防の手筋」です。

棋力を短期間に上げるコツ、碁敵より一手先を読めるようになるコツがあります。
それは戦いの花形ともいえる手筋に精通することです。
特に切りとツギを巡る手筋は、定石・序盤・中盤・ヨセ・死活すべてに現れ、碁には切っても切れない存在です!
攻める方は最も効果的な切りを狙い、守る方はその切りを無駄にするために読み合います。
特に一手を争う攻め合いではいかにトドメを刺すかに腐心します。
そこで大事になってくるのが、手筋の力です!
手筋を学んでおくと、石が切り結んだとき、どこをどう読んだらいいのかの勘どころが敏感につかめるようになることが大きいのです。
本書では基本手筋からかなり高度な筋まで盛り込んであり、繰り返し解く事によって手筋に明るい打ち手になるでしょう。

目次

  • 序章:断点を巡る攻防
  • 第1章:連絡、シノギの部
  • 第2章:切り、攻撃の部

内容紹介


↑第1章の問題です。
黒3子が取られそうですが白の種石を取る手があります。
正解手を初めて知ったときは驚きました。
この手は実戦でもたまに出現し、手筋を打つときの快感はたまりません(笑)


↑黒1から俗にアテていくのは白6まですべて取られます。
手筋の問題でこのような手が正解になることはまずないです。


↑黒1と出るのも白石に逃げられてしまいます。
直接取りに行くのはどうもうまくいかないようです。

↑正解は少し離れた所に打つ黒1でした!!
有名な筋ですが、実戦でこれをノータイムで打てる人はかなり強いです。
この後どうやっても種石の白2子が逃げられないのを確認してください。


↑続いて第2章の問題です。
黒△をうまく生かして白地を破ってください。
一見白地は完全に見えますが・・・。


↑考えるところは少なく正解は黒1です!
白2なら黒3でダメヅマリで白石が取られます。
こんなところが破れては普通はその碁は負けです。


↑白2と受けるのなら黒3でやはり白地は破れます。
ホント手筋の威力は恐ろしいですね~。

初段以上を狙える

本書は天下初段シリーズということで、初段を目標にする人が対象の棋書となっています。
しかし本書の手筋をマスターすれば、少なくとも手筋の分野では初段どころか高段に近い力をつける事ができます。
手筋を強化したい初段前後から有段者・高段者まで幅広い棋力の人にオススメできる一冊です。

まとめ

対象棋力:3級以上
評価:A

-手筋, 棋書

Copyright© かずたんの囲碁が強くなりたい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.