囲碁の上達法・勉強法等を公開!

かずたんの囲碁が強くなりたい

大会の結果報告

【囲碁】第56回赤旗名人戦全国大会に出場してきました!【後編】

投稿日:

三回戦で力尽きる

【囲碁】第56回赤旗名人戦全国大会に出場してきました!【前編】
前回の記事の続きになります。
赤旗名人の全国大会ではリーグ戦を1勝1敗となった人は、隣のリーグの1勝1敗の人と当たることになります。
5年ほど前に出場したときは三回戦も同じリーグ内で当てていたため、一度打った人と再戦になるという事も結構起きてしまい、参加者からも不評だった記憶があります。
また去年までは組み合わせの抽選を前泊するホテルに到着した人から引いていたのですが、不公平であるという意見があったため、今年からは運営側が抽選をすべて行い、発表も当日会場で行われました。
参加者からの意見を積極的に取り入れて改善していく姿はとても素晴らしく、今後もより良い大会になっていくと思いました。

対局紹介(三回戦)


実戦譜1
三回戦の相手は秋田県代表の方で、昔から全国大会ではよく名前をお見かけする強豪です。
私の黒番となりました。
事前情報で中央重視のスケールの大きな棋風と聞いていたのですが、その通りでした(笑)
右下と左下で見慣れない形が出ていますが、AIを使っていて発見した打ち方で私のお気に入りの手法です。
簡明に地を稼ぐことができるので二間高ガカリが怖くなくなりました。
黒11で従来の定石通り14と打つ変化は、ハメ手を含めた難解な定石へと発展する可能性があり嫌だったのです。
実戦以外にも色々と変化があるので、興味がある方は研究してみてください。
白42時点でAIの評価値は黒75%ほどで、実利好きな私も打っている時は悪くないと感じていました。


実戦譜2
右上でも白は実利を捨てて勢力を取り、白△と打った場面。
ここで選択肢は無数にあり、結構迷ったのですが正直に黒1の天元に打ちました。
一応AIの候補には入っており、黒の評価値は97%を超えています。
普通に囲っては白は到底勝てないので白2とツケてきました。
以下黒19まで比較的安全に打ったのですが、黒23は24に打つべきではありました。
黒25に白26とさらに反発し、評価値はこの時点で黒93%ほど。

実戦譜3
黒1から戦いが始まりますが、結論から言うとここで失敗したらしく、黒19時点で評価値は黒35%になってしまいました・・・。
打っている時はそこまで悪くないと思っていたのですが、右上が攻め取りになってかなり地が減っているのがツラく、全体的に黒地が細くなってしまいました。
AIの解析によると黒15で一気に評価値を下げてしまったようです。
黒1では他にも有力な手があり、途中いくらでも黒に悪くない変化図があったのですが、辿り着くほどの力が私にはありませんでした。

参考図1
実戦譜3の黒7では黒1が良く、実戦でももちろん考えたのですが、白2から8まで中央を止められて良くないと判断して打ちませんでした。
ところが実際は黒5でCと打つことができ、白Dには黒5・白E・黒Fで繋がっていました。
勝負所で雑な打ち方になってしまったのが悔やまれます。
ちなみにAIは常に△に切ることを推奨していました。(気がつかないよ・・・。)

実戦譜4
白1でAと来られていたら黒が大変だったのですが、黒2・4を先手で利かして中央に黒地を作りながら治まっては盛り返しました。
黒6では7と打っていれば黒の評価値80%で、黒10でも13と打つべきだったみたいです。(正直私の頭ではこの辺の判断がさっぱりです)
黒14時点で黒の評価値は60%弱となりましたが、形勢は非常に細かくヨセ勝負となります。
この後は黒が勝つチャンスの方が多かったのですが、私の実力が足りず形勢が二転三転して最後は白二目半勝ちとなり、リーグ戦敗退が決まりました。

参考図2・3・4
局後に観戦者の方から、参考図2の黒1・3の手段があるじゃないかと指摘されました。
なるほど、黒7と切ってこの石は取れないなと感心していたのですが・・・・。
AIで解析していたら参考図3の白3という手段を発見して、成立しないことが発覚しました(笑)
ただ参考図4の黒1と置く手があったみたいで、白6までとなれば黒1で3とハネた実戦よりも得することができていました。
囲碁AIを導入してから検討の質が格段に向上して、常に新しい発見に出会えるのが嬉しいなと感じた時でした。

負けはしたが

目標としていたリーグ戦突破こそ達成できませんでしたが、全国の強豪相手に苦手な序盤で優勢を築けるようになったという手応えを感じました。
囲碁AIで序盤を中心に研究している効果が少しずつですが確実に出ているのかなと思っています。
最後まで勝ちきるために、今後はサボり気味になっていた詰碁や手筋の鍛錬も再開していくつもりです。
すぐにアマ竜星(世界アマ)の全国大会もあるので、心身共に整えておかなければいけません。
【囲碁】第18回囲碁アマチュア竜星戦(世界アマ)県代表になりました!!
今回負けた悔しさを糧としてさらに強くなります!!

-大会の結果報告

Copyright© かずたんの囲碁が強くなりたい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.