囲碁の上達法・勉強法等を公開!

かずたんの囲碁が強くなりたい

新定石・裏定石 棋書

「王立誠の定石㊙伝」~碁敵をアッ!と言わせよう!

投稿日:2016年12月29日 更新日:

王立誠秘伝の新定石!

こんにちは!!
今回紹介するのは、棋苑図書【出版】、王立誠【著】
「王立誠の定石㊙伝」です。
タイトル名がいかにも魅力的な響きで思わず買ってしまいそうになりませんか?(笑)
この棋書はいわゆる裏定石や定石ハズレの類になるのですが、本書では「有力な新定石」として扱っています。
相手に正しく応じられたらダメになるようなハメ手とは一味違う内容です。
本書のはじめより引用。

本書は『基本定石の30型ぐらいはマスターしている』というみなさんを対象にして、有力な定石変化をピックアップ、重点解説したものです。
いずれも皆さんがご存じの基本定石の周辺ばかり。
お読みいただければ、『へェー、こんな予想外の変化があるのか』と、驚くはずです。
中には碁がたきがびっくり仰天!そんな奇想天外な変化もあります。

また本書の新定石を使えば、戦いに手筋に明るくなるので力が強くなるという嬉しい効用もあるとなっています。

目次

  • 序章:定石秘伝の構成
  • 第1章:有力な新定石
  • 第2章:碁敵びっくりの新定石
  • 第3章:積極果敢の新定石
    本書は新定石9型を詳しく解説しています。

問題図

9型に激選しているだけあって、一つ一つの解説が詳しくされています。
じっくりと学びたい人にはありがたいですね。


↑「ハネ出しの逆襲」
これはかなり有力な作戦で、私も何度も試みたことがあります。
大抵相手は一気にペースを崩されてしまい、主導権を握ることができる展開となります。


↑「ぶっかけの強襲」
前図の派生形ですが、この図になった時点でなかなか白に良い図ができないみたいです。
なので白としてはこうなる前にどこかで変化するのが無難でしょう。


↑「六の六、幻惑作戦」
白3はいかにも無理手ですが、意外とこれが厄介なことになります。
相手を慌てさせたらまず成功でしょうね。


↑「大高目大作戦」
黒7からの難解型に誘い込んで一発お見舞いするのが狙いです。
ちなみにこの形は小目に二間高ガカリの後に手抜いた形と同じです。

劇薬揃いで使用には注意

このような難解型の戦法は、仕掛ける側が生半可な知識だと、逆に潰れてしまうことも多々あります。
正に劇薬であり、一つ一つしっかりと理解して使用しましょう。
このような裏街道の世界を詳しくなるのは、高段以上を目指している人には大事なことになってきます。
またハメ手・裏定石使いの人に、カモにされないためにも必要です。
このような棋書を読んで自分の知識とすることで、強力な武器となり勝率アップも期待できると思います。

まとめ

対象棋力初段以上
評価

-新定石・裏定石, 棋書

Copyright© かずたんの囲碁が強くなりたい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.