囲碁の上達法・勉強法等を公開!

かずたんの囲碁が強くなりたい

中盤 棋書

「侵略のテクニック」~侵略者としての力をつける

投稿日:2017年3月17日 更新日:

侵略のテクニックを学べる

こんにちは!!
今回紹介するのは、日本棋院【出版】、川本 昇【著】
「侵略のテクニック」です。

侵略するには爽快、されるのは不快

囲碁において、相手が手をかけて囲った地をずたずたに荒らす爽快感は、棋力に関わらず誰でも経験はありますよね。
またその逆に、自分の地だと思い込んでいた所を傍若無人に侵略されるのは、たまったものではありません。
相手が囲った地や模様に手があるかどうかを発見するためには、まず何か怪しいなという感覚が必要になってきます。
もしそれに気が付かなければ欠陥があったとしてもそのまま通り過ぎてしまいます。
それでは相手が喜ぶだけですね。
そしてその傷を具体的にどう咎めるかは読みの力になります。
その感覚と読みを鍛えるのが本書の目的です。
本書に掲載されているいろいろな荒らしのテクニックをひとつでも多く自分のものにすれば実戦の即戦力として大いに役立つことでしょう。

本の内容

  • 序章:侵略の考え方
  • 第1章:侵略基本編
  • 第2章:侵略応用編
  • 第3章:侵略達人編

内容紹介


↑一見白地に見えますが、実は手があるのです。
私が初めてこの解答を知った時はとても感動したのを覚えています。
これを白地ではないと見破れる人はかなりの棋力の持ち主でしょう。


↑出られる所をドンドン出ていくのは俗筋です。
白6まで完全な白地になりました。
こういう俗な打ち方を早く卒業することが上達への近道となります。


↑黒1のツケが正解の手筋です。
カッコイイですね!
白2に対しては黒7まで生きました。
途中白4でaは黒7でこれも生き。


↑白2に対しては黒3のハネが好手です。
白4は仕方なく黒5が先手になる関係で黒は生きることができました。
ぱっと見白地だった場所が黒地に変貌する有様は恐ろしいですね。


↑白2のハネは黒3のキリチガイで、白はどこかが破れる運命です。
この手法は敵陣を破る時によく出てきますので、しっかりと覚えておきましょう。
白としては味の悪い囲い方をしたのが仇となった形です。

即戦力になる良問揃い

いつ実戦に出てもおかしくないような、即戦力になる良問揃いの一冊です。
侵略のテクニックを身につけるということは、単に相手の地を荒らす力が付くだけでなく、自陣の傷にも敏感になり防御面でも期待できます。
有段以上の棋力の人なら身につけておきたい内容となります。
このような侵略をテーマに扱った棋書はそこまで数は多くなく、それでいて内容の質は高いので、買って損することはないと思っています。

まとめ

対象棋力:初段以上
評価:A

-中盤, 棋書

Copyright© かずたんの囲碁が強くなりたい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.