囲碁の上達法・勉強法等を公開!

かずたんの囲碁が強くなりたい

新定石・裏定石 棋書

「呉清源のこの手ご用心[目外し・高目編]」~難解な裏定石・ハメ手を習得できる!

投稿日:2017年8月29日 更新日:

威力抜群の難解型が豊富に収録

こんにちは!!
今回紹介するのは、山海堂【出版】、呉清源【著】
「呉清源のこの手ご用心[目外し・高目編]」です。

今までのシリーズ同様に、裏定石やハメ手の解説が本書の内容になりますが、星や小目に比べて目外し・高目は変化が多く、生半可な知識で使うと一局の碁が崩壊するくらいの威力があります。
仕掛ける側も仕掛けられる側も、相当な読みと準備が必要になる劇薬なだけに、上手く決まった時の威力も凄まじいのです。
実は私自身も、一時期このような難解な裏定石・ハメ手を熱心に研究して実戦で試していた時期がありました。
なかなか仕掛けることができるチャンスは少ないのですが、決まったときの爽快感は最高でしたね(笑)
ただ相手が強くなってくると正しく対応されたり、簡明型に回避されたりと段々通用しなくなったのも事実ではありました。

内容紹介

↑目ハズシと高目からそれぞれ一部を選出しました。

  • 「ナナメ一間バサミ」:目外しに高くカカった場合にも黒1とハサむ変化はあります。
    普通の定石に戻ることが多いのですが、知らないと面喰うでしょう。
    目外し使いの人からたまに打たれることもあるので、覚えておく価値が十分にあります。
  • 「大斜の有名なハメ手(5)」:大斜は難解な変化が多くあり、黒1もそのひとつとなります。
    黒1は一路左の一間トビなら知っている人も多いと思いますが、ケイマを知っている人はあまりいないと思います。
    相手が知らないというのはとても大事なことなのです(笑)
    本書ではこれ以外にも多くの大斜の型を学べます。
  • 「松浦吉浦氏の新工夫」:昔のプロの新工夫の手法です。
    かなり厄介な手で、私もネット碁で見事にハマった悔しい経験があります。
    この手が嫌で高目にカカらなくなったりもしましたね。
  • 「腹中に投じた爆弾」:黒の二線のトビがないのに、いきなり黒1といやらしい所に置いてくる手があります。
    これも知らないとパニックになりますね。
    実際有力な手らしく、基本定石から派生する形ですので実戦でお目にかかるチャンスも割とあります。

難解な内容

同シリーズの小目編よりもさらに難解な内容です。
ただ実戦で役に立つ内容が多いので是非読んでみてほしいです。
定石通になりたい人・碁敵に一発喰わせたい人には特にオススメです。
そうでなくても、相手から仕掛けられたときのためことを考えると、読んでおいて損はないタイプの棋書といえます。

まとめ

対象棋力:5段以上
評価:A

-新定石・裏定石, 棋書

Copyright© かずたんの囲碁が強くなりたい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.